生産的であるべきか、礼儀正しくあるべきか…なぜ選ぶのですか?


あなたは、 どの様なコミュニケーションを相手に期待しますか?

Interactifsは、その誕生過程において、30か国以上で、10万人を超えるクライアントにこの質問を投げかけてきました。

みんな例外なく次のように答えました。「メッセージは、シンプルで明確、率直かつ正確で、簡潔であり、ポイントを押さえていること。しかし、同時に、丁寧で、敬意のこもった、礼儀正しく、かつ温かみのある、できれば少しユーモアの効いた表現であること。」

質問された人の、役職や、性別、年齢や国籍、文化に拘わらず、答えは皆同じでした。

文化や人によって違うのは、丁寧で、礼儀正しく、敬意を払いながら、同時に率直であるための方法なのです。

従って、相手は私たちがこのようなコミュニケーションを取ることを期待していると仮定することができます

相手の自分への話しかけ方をどのように感じますか?

多すぎる会議や交流には、言外の意味や示唆、含意、仄めかしや裏のある言葉がよく見受けられます。
多くの場合、「礼儀正さ」と「率直さ」の両立したい、単刀直入ではあるが攻撃的にならないようにしたい等、難しい場面で生み出される無意識の結果です。

Discipline Interactifs®では、コミュニケーションを取るうえで、自分が行っていることと相手に期待することのギャップを縮め方をトレーニングします。


人間関係を作りましょう!
質問、希望、要望


error: Action impossible